トレブルフック&弓角のハリ先を研ぐ

今年から本格的にルアーフィッシングを始めましたが、まあ、ルアー釣りというのはバラシの多い釣りですな。トリプルフックはあんなにも外れやすいのに、どうしてルアーはトリプルフックなのでしょうか? まあ、そういうもんと納得するよりないのでしょうが・・・・・・。

さて、トリプルフックも使えば当然、ハリ先が甘くなりますね。交換するのが一番でしょうが、トリプルフックは高いので頻繁にフック交換することはとてもじゃないけれど無理。

なのでハリ先を研いでみることにしました。

学生の頃に買った、ハリ先という概念のなくなったトリプルフックで実験です。
ハリ先という概念がなくなったトレブルフック 

自分の指に軽く押し当てても、大した痛みを感じません。こんなのルアーに付けたところで、フッキングさせることは無理でしょう。せっかくのアタリも、口を弾くだけで終わってしまいそう。

こんな質のトリプルフックは、いくらなんでもいまどき売っていないですね。未使用でこれですから。でも、実験の甲斐があるってもの。

用意したのは金属ヤスリ。これでハリ先を鋭利にしてみます。
金属ヤスリ 

ハリのカエシからハリ先に向かってヤスリで研磨します。ハリ先が丸くなっていると、けっこう削れていく感覚というのがわかるものです。

それとハリ先をより細くするため、サイドからもヤスリがけしました。

PR:竿もリールもルアーだって、品揃えは間違いなく日本一!楽天フィッシング市場!

小さいので大変ですが、根気よく研磨を続けるとこの通りピカピカに。
ハリ先という概念がなくなったトレブルフックも研磨すればハリ先が立つ 

指に押し当てるとだいぶ痛みを感じるようになりました。ま、それでもハリ先ピンピンの新品には敵わないでしょうが、貫通力は研磨前に比べれば段違いでしょう。

フック自体の性能もあるので限界はあるでしょうが、研磨すればするだけ鋭くなるということもなさそうなので、ある程度のところまで研いだら、良しとします。

さて、トリプルフックはダメになったら最悪交換すればいいだけですが、ハリとボディーが一体となった弓角はそうはいきません。

幾度もわたしに釣果をもたらしてくれた歴戦の雄のハリ先をピカピカに。
ハリ先が丸くなった弓角も、ハリ先を磨いてピカピカに 

弓角はけっこうハリ先の鋭さがモノを言う釣りで、ハリ先が甘い弓角だとアタリは出てもフッキングはなかなかできない・・・・・・と、とあるブログに書いてありましたね。

弓角はトレブルフックに比べて大きいので、研ぐのも簡単。ほぼ新品状態の鋭さに戻すことができたと思います。

ま、フックを研磨すれば防錆メッキが取れて錆びやすくなるんでしょうけど、錆びたらまた研いでを繰り返して、寿命まで使ってやろうと思います。

ま、そんなには弓角はヘビーユースをしませんけどね。準備万端にしておきます。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第33回 気をつけよう!釣りでの危険な出来事
・釣り具研究所 神経締め具を自作する チチワで接続具を結ぶ
・タックル&アイテム ライフジャケット
・仕掛け図絵巻 環付きウキの遊動仕掛け図 円錐ウキの遊動仕掛け図
・釣魚図鑑 シリヤケイカ シロサバフグ マアジ シログチ ホンベラ
Maioka FC ラーメン情報室 Maioka FC 釣り用語辞典 

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

珍味!馬レバーの刺し身 エイ肝もおすすめ!?

レバー好き人間です。つい数年前までは、牛や豚、鶏などのレバ刺しが比較的どこの居酒屋でも楽しめましたが、最近は法改正でとんと食べられなくなりました。

しかし、最近よく行く都内の居酒屋で馬レバーの刺し身を発見!
馬レバーの刺し身 

いやぁ~、馬レバーは初めてです。馬刺しはさんざん食べていますが、今まで馬レバーの刺し身の存在は知らなかったです。

味は・・・・・・ちょっとクセがあるけれどウマイ! 馬だけに! クセを引けば、牛のレバ刺しに似た味わいですね。塩ゴマ油と生姜&ニンニクおろしがよく合います。

わたしはちょっとクセのある食べ物が酒の肴に好きで、珍味感のある馬レバ刺しが非常に気に入りました。こりゃ、いいですなあ。

PR:うまいものがとにかくたくさん! 【ぐるなび食市場】お取り寄せランキング

と、これだけで終わってしまうとなんなので、気になっている魚肝をひとつ紹介。

肝のうまい魚としてカワハギやアンコウ、ドンコ(エゾイソアイナメ)、トラフグ(大分県のみ食べられる)、ヒラメなどが知られているけれど、実は釣り人にお馴染みのアカエイの肝もうまいのだとか。

刺し身やソテー、煮付けなどにして絶品であるよう。以前に釣ったこの巨アカエイなら、
以前釣った巨アカエイ 

大量の肝が取れたことでしょう。ちょっとデカすぎてひるんでしまって、リリースしたことがいまさらながら悔やまれます。

・・・・・・ま、ちょっとデカすぎなので、汚染などを考えるとリリースして正解だったかもしれませんが。

ちなみに、エイ肝のオイル煮を作った貴重な動画を発見。
 

見た目こそグロイですが、味わいはまんまカニミソなんだそうです。しかも、500gあって98円という値段にも驚き。アカエイの肝臓など値段がつかないんですね。

PR:カニ、かに、蟹の厳選特産品専門店【匠本舗】

今度、ほどほどサイズのアカエイを釣ることがあったら、エイヒレに肝にと是非試してみようと思います。変わったものをとことんイヤがるオダ マルソウダにも強制的に食べてもらって、感想を書いてもらいましょう。

そういえばずっと前にゴマサバの肝を試したことがありますが、あれは激ニガでやばかったなあ。クセを通り越していました。

今後も肝関係を探求していこうと思います。


Maioka FC 管理人ブログ ただの飯レポ記事
餃子の王将 特製香辛料が決め手の鶏の唐揚げ
ストレスで頭が疲れたから甘い物、おいももなか

釣行後は辛い物 吉野家のキムチ七味牛丼
8月15日、特別な日に秋田由利牛のサーロインステーキ
 
釣りの後は辛い物 クノール スープDELI・メキシカンチリコンカルネのスープパスタ 
上野のカレー クラウンエースのカツカレー500円 
釣行後は辛い物 ケンタッキーのレッドホットチキン、おまけの和風チキンカツサンド

PR:お取り寄せはぐるなび食市場で!

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

タコベイトを二種購入 インチク&タコルアー用

久しぶりのタックルベリーで中古品をあさってきました。やっぱりね、安くて良い中古品を手に入れられると嬉しいわけです。

いろいろ物色していると、前々からちょっと欲しいと思っていた宇宙人然としたあやつらを発見。

状態のよいタコベイト二種、ひとつは54円、もうひとつは108円と格安。
タコベイト二種 

いやぁ~、いい買い物ができました。意外にタコベイトっていい値段がして、その値段を出せばルアーが一個買えちゃうし、どうしても必要ってわけでもないからずっと買っていなかったので嬉しいですな。

タコベイトは通常はトローリングだとか、タチウオやオニカサゴ仕掛けになんかに使うのでしょうけど、わたしは陸っぱり釣りしかやらないので、どうやって使おうかなと。

思いついたひとつはこのようなインチクにしようかなと。
ハヤブサのジャックアイ キックボトム 
(※ハヤブサ「ジャックアイ キックボトム」のスクリーンショット画像です)

中通しオモリやナスオモリを使ってうまく作ろかなと思います。インチク用のオモリを買っちゃえば早いのですがそれもおもしろくないので。

形状的に、ナスオモリを叩くなどして偏平にできれば、いろいろ加工ができるんじゃないのかなと思うんですけどね。

うまく作れればインチクは青物から根魚、マダイにマゴチなんかも狙える万能ルアーですから、自作すればキャスティング用に簡単にできるわけですから。来年に備えて今から作る手順を練っておきます。

PR:日本で一番選ばれているクレジットカード!年会費永年無料・楽天カード! 

もうひとつはこんな感じのタコルアーも作ってみようかなと。
ワンナックのデビルエイト ビヨンド 
(※ワンナック「デビルエイト ビヨンド」のスクリーンショット画像です) 

こういったタコルアーはステンレス線を曲げる作業になるのでちと難しそうですが、まあ、なんとかなるような気もします。

このルアーの肝は脚部ですね。この両足が根掛かりを回避し、海底から少し上にタコベイトを持ち上げることで、タコベイトの脚がヒラヒラと踊っていい誘いになるんでしょう。

ま、インチクもタコルアーも、釣りのできない日の多い冬場にいろいろやってみようと思います。釣り具の自作はおもしろいですから。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第33回 気をつけよう!釣りでの危険な出来事
・釣り具研究所 神経締め具を自作する チチワで接続具を結ぶ
・タックル&アイテム ライフジャケット
・仕掛け図絵巻 円錐ウキの遊動仕掛け図 円錐ウキの固定仕掛け図
・釣魚図鑑 シリヤケイカ シロサバフグ マアジ シログチ ホンベラ
Maioka FC ラーメン情報室 Maioka FC 釣り用語辞典 

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス