ダート系ジグヘッド カルティバ ドリフトアックス

春は最悪の季節ですが、それでも暖かくなるとソワソワしてしまいます。そろそろ西伊豆・戸田港にマダイを狙いに行こうかなあ(←釣れたためしがないけれど)と、気持ちだけは浮ついてしまうもの。

ま、魚が釣れなくても戸田港は特別というか、深海魚を食べて温泉に入ってとちょっとした観光気分。遠いんだけど遠すぎず、日帰りにちょうどよくって。

さて、ダート系ジグヘッドのカルティバドリフトアックスを購入。
カルティバ「ドリフトアックス」
(※画像をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします。通常送料無料)

戸田港のように水深のあるポイントを手返し良く探るために、あえて20gと一番重たいサイズをセレクト。この重さなら飛距離を出しやすいですし、20~30mぐらいまでなら十分に底を取れますしね。

ちなみに、これはアマゾンで購入し、定価の518円でしたが送料無料、しかも注文した翌日に到着してちょいとビックリ。さすがアマゾン、仕事の速さはダントツっす。

ドリフトアックスの裏書き。釣り具マニアは裏書き重視です、毎度ながら。
カルティバ「ドリフトアックス」の裏書き
(※画像をクリックすると大きな画像で見られます)

・ヌケ&回転を防ぐキーパー
・ここで折れば短軸化できるシャンク
・まっすぐ刺しやすいラウンドトップ
・水圧をスパッと切るダート専用ヘッド

●シャンクを短軸化すれば動きはマイルドになります。

適正ソフトベイトの目安
4g・6g→7~9cm
8g・12g・15g・20g→9~11cm

PR:釣りブログをやっているなら絶対稼げるアフィリエイト【A8.net】に無料登録!

ドリフトアックスのボディー形状。ダート用ジグヘッドらしい三角形です。
カルティバ「ドリフトアックス」のボディー形状 

上部アイが大きいのでこれはスナップを付けて使うことが前提ですね。直結するよりもスナップを介したほうがよく動きますし、例えばタチウオなんかの鋭い歯の対策のためにもスナップは有効。

それとワームを刺すシャンクを折って使うこともできるというのは斬新。キレのあるダートをさせたい場合はシャンクはそのまま、ワームアクションを活かしたい場合はショートシャンクにすればいいわけです。

それとカルティバのフックが標準装備ですから、あとはアシストフックを用意すればOKです。

ドリフトアックスを俯瞰で見たところ。ヘッド上部が切り立っています。
カルティバ「ドリフトアックス」を俯瞰で見たところ 

普通に三角錐にヘッドを作るよりも、崖のように切り立たせることで海水の引き抵抗を軽減しているんだと思います。ワインドは決して引き抵抗が強いわけではないですが、こういう構造はありがたい限り。

それにヘッド後部に重心が集中するような形状になっているので、かなり飛距離を出しやすいんじゃないのかなと思うんですがどうでしょうか。

PR:アマゾン取り扱い釣り具は安くて送料無料! ネットで釣り具を買うのならアマゾンが一番!

ドリフトアックスの底部。安定性が高いので底を取りやすいと思います。
カルティバ「ドリフトアックス」の底部 

安定的に底部を下にして沈んでいくので、根掛かりしにくいと思うんですけど・・・・・・。それとフォール姿勢が安定したほうが魚に警戒心を与えづらいとも思うんですけど・・・・・・。

とまあ、ドリフトアックスのアレコレを見てきましたが、いやいや使うのが楽しみですな。戸田港はいろんな魚がいるでしょうから、ワインド釣法で爆釣間違いなし・・・・・・きっと。

ショアジギングにワインドと早く楽しみたいっす! もちろんエサもやります。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第42回 エコギア パワーワームについて ~みんなお世話になった!~
・釣り具研究所 オキアミを砂糖締めにする 堤防カワハギ仕掛け
・タックル&アイテム ライフジャケット
・仕掛け図絵巻 ノベ竿のミャク釣り仕掛け図 フカセ釣り夜光仕掛け図
・釣魚図鑑 カサゴ オウゴンムラソイ メジナ ウマヅラハギ ウルメイワシ
Maioka FC ラーメン情報室 Maioka FC 釣り用語辞典

シャンク長短調整可能な高機能ダート用ジグヘッド!
OWNER(オーナー) ルアー カルティバ ドリフトアックス JH62 20g

アマゾン新品価格
¥410~から
518円で通常送料無料

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

モンゴウイカでイカゲソキムチ

もう今時期は陸っぱりはなかなか厳しいですな。市原のオリジナルメーカー海づり公園でフッコが好調なだけで、あとはこれといっためぼしい釣り物はなさそう。

しかも風向きが安定せず、いざ釣りに行っても惨敗・・・・・・なんてことが多い最悪の季節ですよ、まったく。

まあ、そんなことはわかりきっているので、釣りはちょっと置いといて魚介ネタ。

モンゴウイカのゲソを使って、イカゲソキムチを作ってみました。
モンゴウイカのイカゲソキムチ 

いや、モンゴウイカのゲソっておいしいですねえ~。過去に回転寿司なんかで甘ダレのツメを付けて幾度か食べたことがあったんですけど、改めてしみじみとおいしさを実感できます。

旨味が濃くってシコシコとしていながらやわらかくて、軟骨のところがコリコリッとして、ちょうどイカゲソとタコ脚の中間って感じの味わいです。わたしはイカの中ではコウイカの仲間が一番おいしいと思っているんですけど、ゲソまでこうもおいしいとは、まったく。

ちなみに、味付けは大好きな桃屋のキムチの素を使用。これ、最高!
キムチの素
(※画像をクリックするとヤフーショピングの販売ページにジャンプします、条件付き送料無料)

今回のイカゲソキムチの作り方は、
1.キュウリを切って塩で揉んでおく
2.イカゲソを食べやすい大きさに切って、サッと茹でて臭味を取る
3.茹でたゲソに塩を軽くまぶして下味を付ける
4.キムチの素+酢でキュウリとゲソを和えて完成 

とまあ、非常にシンプルです。キムチの素は味が濃いですが、食材に下味で塩を振っておかないと、どうしてもピシッと味が締まらないから不思議。

酢を入れたのは個人的に酸っぱいほうが好きだから。それに少し酢を入れたほうが、これまた味が引き締まりますからね。

PR:釣りブログをやっているなら絶対稼げるアフィリエイト【A8.net】に無料登録!

大好きなナニワのルアースターことヒロセマンのティップランエギング。
 

どうしてモンゴウイカのゲソなどを買ったのかと言えば、この動画でコウイカを爆釣していたから。コウイカが食べたくなってしまい、せめてとモンゴウイカのゲソを買ったってわけです。

これだけコウイカが釣れ、アオリイカまで狙えるのなら、ちょっとティップランエギングに興味を持ってしまいます。とはいえせめてエギングぐらいはやろうかなと、せっかく良いエギングロッドを持っているんだし。

う~ん、コウイカが釣りたい!


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
マイワシの酢締めとみりん干し
マイワシの刺し身となめろう

バイ貝を煮貝に

ハタハタざんまい 天丼、干物、麹漬けを堪能

釣りメバルの塩焼き

メバル&ウミタナゴの刺し身

タチウオの刺し身が絶品!

ホウボウの刺し身

釣りカサゴの煮付け

冬はおいしい! ウミタナゴの干物

PR:桃屋の「キムチの素」で素材を和えるだけで簡単キムチの出来あがり! キムチ鍋もできる!
キムチの素

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ライトワインド用 リアルメソッド マイスターライトジグヘッド

昨日、アイクルまで行ってきたんですけど、風向きが予報とは全然違って、北かと思えば真南、それから真東と春らしいまったく読めない風に翻弄されました。

一時間ほど竿を振り、一時間ほど風が止むのを待ったんですけど、諦めてとっとと帰宅。はあ~、まだまだ寒いですが、一番嫌いな春の天気になってしまいましたね。せめてもう少し暖かくなってくれれば。

ライトワインド用のリアルメソッドマイスターライトジグヘッド
リアルメソッド「マイスターライトジグヘッド」
(※画像をクリックするとヤフーショピングの販売ページにジャンプします)

アイクルへの行きしに購入しました。これにクロー系ワームを付けてダートアクションでクロダイを狙う予定だったんですけど、春の風に見事に打ち砕かれたってわけですよ。

前に紹介したヒロセマンのカチアゲ式(ヒロセマンのカチアゲ式クロダイワームゲーム)をやろうと思ったんですが、まあいつもうまくいくわけがないのが自然相手の遊びです。

さて、マイスターライトジグヘッドは釣具のポイントのブランド・リアルメソッド商品なので価格は安くて280円。まだ試していないのでどれだけの性能かはわかりませんが、とにかくリーズナブルです。

マイスターライトジグヘッドの裏書き。釣り具マニアは裏書き重視です。
リアルメソッド「マイスターライトジグヘッド」の裏書き
(※画像をクリックすると大きな画像で見られます)

キレのあるダートを容易に演出できる専用ジグヘッド!

・キレのあるダートを生み出すエッジの効いたヘッド形状
・ワームのズレを防ぎ、しっかりとワームを固定するワームキーパー
・軽い力でもフッキングするシャープな針先
・アシストフックの装備が可能なフックアイ

PR:釣りブログをやっているなら絶対稼げるアフィリエイト【A8.net】に無料登録!

マイスターライトジグヘッドのボディー形状。ヘッドよりもハリが特徴的ですね。
リアルメソッド「マイスターライトジグヘッド」のボディー形状 

この三角形のヘッド形状が、ワームを左右へと動かしてくれるダートアクションを生み出します。そしてライトワインド用にも関わらず、ヘッド下部にはアシストフック用アイを装備。

そしてハリですよ、このジグヘッドの特徴は。軸が短めだから、根魚用のワームが刺しやすいのですが、逆に長めのストレートワームなんかとは相性が悪そう。

それにラインアイが小さいので、直結が前提ですね。この小さいラインアイにスナップを付けるのはちょっと無理でしょう。

マイスターライトジグヘッドの上部。ワームキーパー部が太いです。
リアルメソッド「マイスターライトジグヘッド」の上部 

こうやって上から見ると、ハリの軸短が際立っていることがわかります。そしてこれだけワームキーパーが太いということは、そもそもアジング用のワームを刺すなんて発想はなく、根魚用やライトワインドミノーなんかを刺すことが前提となっているんでしょう。

マイスターライトジグヘッドの底部。う~ん、いい三角形をしております。
リアルメソッド「マイスターライトジグヘッド」の底部 

底が平らでかなりの安定性があるので、実はかなり根掛かり回避能力が高いと思います。根魚狙いにワームをスイミングさせるのもいいでしょうし、スイム&ダートももちろんOK。

PR:アマゾン取り扱い釣り具は安くて送料無料! ネットで釣り具を買うのならアマゾンが一番!

こうやって改めてワインド用ジグヘッドを見ていくと、かなり計算された形状というか、かなり理に適っていることがわかりました。

ちなみに5gという一番重いサイズを購入したのは、もちろん深場を狙うため。東京湾もわりと水深のあるポイントが多いですし、伊豆半島も水深がありますからね。手返し良く探るのが一番です。

風向きの読めない春が早く去ってほしい・・・・・・せめて思いっきり竿だけでも振らしてほしいですね!


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第42回 エコギア パワーワームについて ~みんなお世話になった!~
・釣り具研究所 オキアミを砂糖締めにする 堤防カワハギ仕掛け
・タックル&アイテム ライフジャケット
・仕掛け図絵巻 ノベ竿のミャク釣り仕掛け図 フカセ釣り夜光仕掛け図
・釣魚図鑑 カサゴ オウゴンムラソイ メジナ ウマヅラハギ ウルメイワシ
Maioka FC ラーメン情報室 Maioka FC 釣り用語辞典

PR:釣具のポイントオリジナルだからできたこの価格! お得なライトワインド用ジグヘッドは280円!
リアルメソッド「マイスターライトジグヘッド」のボディー形状

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス