絶品! 相模湾産の釣りキハダの刺し身

刺し身や寿司の代表格といえばマグロで、日本で世間一般的に食べられているのがクロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ、メバチ、キハダ、ビンナガといったところ。

その中で本マグロが最高峰と言われ、確かにこれ以上の美味はそうそう思いつかないほどうまい。

とはいえ他のマグロも十分においしく、特に夏のキハダは侮れないおいしさ。

釣り名人からいただいた相模湾産の釣りキハダの刺し身
相模湾産の釣りキハダの刺し身

夏のキハダの特長は全身に脂がしっかりと回っており、どこを食べても中トロといった感じ。そして釣りキハダは鮮度が段違いだから、食感がモッチリシャッキリしていて素晴らしく、何よりうっとりするほど香りがいい。

筋のないところは刺し身にして、筋があるところはブツにしてならではの食感を楽しんで、納豆の中に混ぜ込むと飯の友にも最高です。

関東ではスーパーなどで良いキハダがなかなか売っていないけれど、冷凍をしていない生キハダが売っていたらぜひともお試しいただきたいですね。夏はキハダを楽しんで、冬に本マグロを味わえば一年中おいしいマグロが楽しめます。

にしても、毎年夏にキハダをおすそ分けしてくれる近所の釣り名人様、ありがたい限りです。


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
佐久鯉はうまかった! うま煮、塩焼きは究極の味!
自家製コノシロ酢締めで一杯

スケトウダラでタラ汁&自家製タラコ

冬はやっぱりアンコウ鍋

肝ウマ! ウマヅラハギの煮付け

やっぱりうまいぜ! ナメタガレイの煮付け

北海道産 活き締めクロソイの姿煮

今年最後のサンマは香り揚げに

マイワシのつみれ汁

イシモチ(シログチ)の塩焼きと寿司

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス