NISSIN ラ王 味噌 辛玉ラーメンにアレンジ

釣り好きであり、インスタント麺好きです。自宅で仕事をする人間にとって、インスタント麺はもっともよく食べるジャンクフードなんですな。

今回紹介するのは、まるで生麺でおなじみのNISSIN「ラ王 味噌」。
NISSIN「ラ王 味噌」 

ラ王はとにかく麺にこだわって、生麺同様の食感と風味を出すためにノンフライ麺を採用。わたしはインスタント麺はスープをアレンジして食べるから、麺にこだわってくれるのは嬉しい限り。

そして今回のできあがりはこんな感じ。辛玉味噌ラーメンにしてみました。
ラ王 味噌を辛玉味噌ラーメンにアレンジ 

作り方は簡単。味噌と豆板醤とオーホットを最初に油で炒めて、挽き肉と野菜を加えてさらに炒めたところにお湯を入れてラーメンを作るだけ。

仕上げに溶き卵を回し入れて、刻み玉ねぎを彩りに乗せれば完成。味噌をちょっと焦がすと、香りよく独特の味わいが出てグッドです。

スープは我ながら、かなりうまいです。特に何もしないでもおいしいインスタント麺ですから、自分の味を加えてやることで、自分好みの絶品ラーメンに様変わり。

PR:う、うどん!? いや、こだわりの極太麺が絶品のジョニーの味噌は宅麺.com

ラ王 味噌の麺。細麺よりは太い中細麺といったぐらいですかね。
ラ王 味噌の麺、中細麺ぐらいの太さ 

硬めに茹でることで、シコシコポクポクした食感となっていい味わいですね。硬めに茹でると味も香りもハッキリして、濃い味の味噌スープにも負けないうまさがあります。

それに麺の太さとメインの具のモヤシの太さが同じくらいで、一体感があっていいっすね。ラ王 味噌にはモヤシ炒めが最適だと思います。

ただ、ちょっと伸びるのが早いですね。いくら撮影したとはいえ、それはほんのちょっとの時間。ちょうど麺を食べ終える頃には、茹で立ての頃の味も香りも食感もなくなってしまったのはちょいと残念。

麺をあらかた食べ終えたら白飯を投入。辛玉味噌ラーメンはおじやに最適です。
ラ王 味噌の辛玉味噌ラーメンに白飯を投入 

くぅ~、うまい! 生の玉ねぎがまた、麺と一緒に食べる以上の味わいに。酢を少量入れるとこれまた、サッパリ感が出てますます食が進みます。おじやにしてスープもしっかり完飲。お腹いっぱいです。

さて、ラ王 味噌はかなりうまいインスタント麺ですね。弱点はあるものの、家庭でもラーメン欲をかなり満足させてくれるうまさがあります。

麺はけっこう伸びやすいので、硬めに茹でるのがおすすめです。


Maioka FC 管理人ブログ インスタント袋麺関連情報
サッポロ一番 頂 とんこつ味を食べる
釣行後は辛い物 カップ焼きそば 日清UFO

サッポロ一番 頂 みそ味で自己流辛ラーメン

サンヨー食品 サッポロ一番 塩ラーメンをタンメンで

NISSIN ラ王 醤油 野菜炒めを乗せて

マルちゃん正麺 うどん 天ぷらなどを乗っけてみました

インスタント麺屈指の味噌ラーメン! 麺のうまさはダントツ!
日清ラ王 袋麺 味噌 5食P×6個

アマゾン新品価格
¥1,980から
ネットショップ最安値! アマゾンだから安心!

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ショアスロージギングの解説

わたしがショアスロージギングの解説をするわけではありません。わたしが参考にしている、ショアスロージギングを解説している動画の紹介です。

アンリパことアングラーズリパブリックの沼田純一さんが懇切丁寧に解説しています。
 

釣りに関しては、やっぱり雑誌よりも動画のほうが一目瞭然でわかりやすいっすね~。動画を見れば、ロッドアクションやキャスティングなど、すぐにマネができるようになります。

さて、ショアスロージギングの肝とは、ざっくりと簡単に言ってしまえば、1秒に1回間隔で竿をしゃくりながらメタルジグを動かしつつ、フォーリングを意識して喰わせの間を作る、というもの。

活性の低い回遊魚、タチウオ、マゴチ、ヒラメなどなど、ルアーの早い動きを捕まえるだけの追い足を持たない魚に効果的とのこと。

わたしも、この動画を見てからというものコンスタントに釣果が出るようになりました・・・・・・まだアジとイシモチだけですが。

確信して言えることは、釣りは上級者をマネることが、釣果アップへの一番の近道。なのでYouTubeなどにアップされている動画の発掘は重要です。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第33回 気をつけよう!釣りでの危険な出来事
・釣り具研究所 神経締め具を自作する チチワで接続具を結ぶ
・タックル&アイテム ライフジャケット
・釣魚図鑑 マアジ シログチ ホンベラ カタクチイワシ アカエイ
Maioka FC ラーメン情報室 
Maioka FC 釣り用語辞典 

PR:ルアー釣りのDVDが豊富!TSUTAYA DISCASなら1ヵ月間だけの無料お試しOK!

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

サッパの干物

サッパは東京湾でわんさか釣れることも多い魚のひとつ。
サッパ 

サッパはニシンやイワシなどと同じ仲間で、通称名の“ママカリ”のほうが有名かもしれません。東京湾では足元のサビキで釣れることもあるし、ウキサビキ釣りでのアジの外道としておなじみ。

心ない釣り人は、サッパが釣れてもその辺に放ってしまうことも多いですが、この魚、そんなにマズイのでしょうかね?

ってことで、先日釣りをした際にお隣さんからいただいたサッパを干物にしてみました。
サッパの干物 

サッパはちょっと内臓が臭いから、お腹ごとバッサリとトリミング。開いたら立て塩で味を付けて干しただけです。それをこんがりと焼きました。スダチを絞っていただきます。

果たして味は・・・・・・脂のないイワシってな感じで、味は普通においしい。干物にして焼いてもパサつかないし、大きい物はほんのり脂もあって上々。酒の肴にはバッチリです。

PR:アマゾン取り扱い釣り具は安くて送料無料! ネットで釣り具を買うのならアマゾンが一番!

以前に大量に釣れた時は南蛮漬けにしたけれど、干物のほうが断然好み。こりゃ、せっかく釣れたのなら捨てるのはもったいない。

この通り、サッパの干物を完食しました。
サッパの干物を完食 

サッパはウロコもやわらかいし、頭を落として腹ごと内臓を取っちゃえばいいので捌くのも楽。開くのが面倒ならそのまま立て塩に付けて干物にすればいいし、捨てる要素はまったく見当たらないかなと。

確かにアジやイワシのように激ウマではないけれど、けっしてマズイ魚ではないというのがわたしの感想。とにかく、サッパはニオイがするから、腹ごと内臓を取っちゃえば、おいしい身だけが残ります。

生命を無駄にせず、一度お試しを!


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
東京湾産・金アジの刺し身とタタキ
今年初キハダの刺し身

秋の味覚 さんまの塩焼き

イシモチ(シログチ)の干物

キュウセンのから揚げ コツは酢洗い
釣ったソコイトヨリをフライで食べる
生メカジキのムニエル

夏にガツガツ喰いたい! カツオのたたき

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス