アナゴの干物を堪能

アナゴ釣りといえば夏の風物詩・・・・・・でも陸っぱりでは冬のほうが釣りやすいというか、わたしは冬になると狙います。

今年の冬はあまり釣りにいけなかったんですけど、それでも型をみることができました。
釣ったアナゴ 

アナゴのいいところは、専門に狙えば高確率で釣れるというか、計算の立つ釣り物ってこと。それに釣りアナゴって、やっぱり最高にうまいんですよね~。慣れればそれなりに捌けるようになるし。

さて、アナゴ釣りではなく、アナゴの干物の話。あまりにおいしそうだったので、ちょいと高かったけれど、後学のためにも購入しました。

魚焼きのロースターでパリッと焼き上げたのがこちら。いい具合に焼けました。
アナゴの干物 

一夜干し程度に軽く干しただけなのか、乾物臭さはまったくないですね。それどころか、アナゴ特有の甘いいい香りがしっかり残っています。

それに、干物であるはずなのにパリッと焼いても実にみずみずしく、さすがに高かっただけのことはあります。余分な味付けや薬味は付けず、シンプルにワサビだけで食べることにしました。

PR:楽天市場なら最高の魚が手に入る! マグロ、カツオ、アジ、ヒラメ、マダイ、アナゴ、ウナギetc

アナゴの真ん中に箸を入れ、ワサビをたっぷりと乗せてバクリ。
アナゴの干物はワサビをたっぷり乗せていただく 

うまい! アナゴの風味と甘み、身の弾力、皮のムッチリ感、どれもが完璧! 塩梅も申し分なく、辛くも甘くもない、この絶妙な塩加減は感動的ですらあります。

このうまさには驚かされました。ウナギの白焼きと同等以上といっても過言ではないでしょう。というよりも、ウナギの白焼きよりもうまい、といってもいいかもしれない。

今度アナゴを釣ったら、是非わたしも干物にしてみようと思います。アナゴの干物、絶品でした!

それにしたって、アナゴ、ウナギ、ハモ、タチウオ、ギンポなど、長物の魚は本当においしいですね。未食ですけどウツボも一度食べれば病み付きになるぐらいおいしいといいますしね。


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
釣りタチウオのムニエルは絶品だった!
旬のイサキを食べ尽くし

旬! 初ガツオをタタキで食べる

アオハタの刺し身と湯引き

イシモチ(ニベ)の干物

戸田港魚重食堂で深海魚天丼と深海魚刺し身盛り合わせを堪能

春もおいしいイサキの刺し身

ヒラメのエンガワ(縁側)の刺し身

ホタテのヒモがメインのシーフードカレー

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス