PR:Yahoo!ショッピングは釣り具が安い! 揃う! 毎日ポイント5倍!

旬のイサキを食べ尽くし

いやぁ~、すっかり初夏ですなあ。30℃超えの真夏日は当たり前になってきました。ちょいと早過ぎる気もするんですが、まあ、ジトジト雨が振るよりマシかなと。

さてさて、初夏の魚といえばやっぱりイサキです。年中うまいけれども。
イサキ 

イサキは夏に産卵のために浅場にやってきますから、陸っぱりからは主に夜釣りでよく釣れるわけです。わたしも数年前、初島で数釣りしていますが、それ以来ご無沙汰。最近では釣る魚じゃなくて、買う魚に代わってしまいました。

さてさて、このイサキ、捨てるところがほとんどありません。身はもちろん皮、ウロコ、白子、卵など、ほとんどすべてがうまい魚。調べてみたら肝もうまいようで、しまった、それは知らなかったので捨ててしまった。

肝は残念でしたが、このようにウロコ付きのまま卸していきます。
ウロコを付けたまま卸したイサキ 

ウロコを取らないとさすがに皮が硬いですから、よく切れる包丁を使うことが肝心。出刃包丁なら申し分ないですし、わたしはどこにでもある文化包丁をよく研いでから卸しました。

頭と内臓を取れば、あとは三枚おろしにするだけ。白子は少しだけ水にさらして血抜きをしました。肝も白子と一緒に水にさらせばいいと思います。さらす時間は2~3分でOK。

PR:包丁の購入は楽天市場がおすすめ! 柳刃、出刃、三徳etcなんでも揃う! 砥石も忘れずに♪

ウロコ付きの皮と中落ちなどは醤油とみりんに漬けて、片栗粉をまぶして唐揚げに。
イサキの唐揚げ、ウロコ付き皮と中落ち 

ウロコ付きの皮はバリッバリでございます。酒の肴に最高♪ 鮮度が良くて肉質が最高ですから、中落ちだって申し分なくうまい。

身はもちろんお刺し身に。ちょっと皮引きがうまくいかなく、刺し身のできがちょっと悪い。
イサキの刺し身 

ただし、味は申し分なく、うまいっす! 脂の甘み、食感の良さ、イサキならではの磯の香り、イサキって庶民派ですが、白身魚としてのうまさはトップレベルです。

特に初夏のイサキは脂が乗ってうまいように思います。産卵を控えて、エサを荒食いするためじゃないかなと思うんですけどね。

PR:楽天市場なら最高の魚が手に入る! マグロ、カツオ、アジ、ヒラメ、マダイ、カレイetc

初夏のイサキが嬉しいのはこの白子! 軽く茹でてポン酢でいただきます。
イサキの白子ポン酢 

これこれ! これがうまい! 白子のうまさは魚の中でも3指に入るんじゃないかなあ。トラフグ、マダラ、イサキ、経験上この3魚がうまいと思います。次点でメジナとシャケか?

イサキは1尾を食べ尽くせるから、歩留まりがよくて、小さくても意外なほどにボリュームがあります。それにどんな調理法とも相性が良くて、刺し身や揚げ物はもちろん、焼き物、煮物、蒸し物、椀と、どんな風に調理してもグッド!

今度は塩焼きにしたいですね。イサキの塩焼きもオツですからあ~。う~ん、今年こそはイサキを釣りたい! 今年は7月後半が狙い目・・・・・・と思っているんですけどね、どうでしょうか?


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
旬! 初ガツオをタタキで食べる
アオハタの刺し身と湯引き

イシモチ(ニベ)の干物

戸田港魚重食堂で深海魚天丼と深海魚刺し身盛り合わせを堪能

春もおいしいイサキの刺し身

ヒラメのエンガワ(縁側)の刺し身

ホタテのヒモがメインのシーフードカレー

絶品! メジマグロの刺し身

丸ナメタガレイの煮付け

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

name :
URL :
Comment :※現在、コメントスパム対策でURLが打ち込めない設定となっております。ご了承ください。

Trackback -

ラシックス