PR:Yahoo!ショッピングは釣り具が安い! 揃う! 毎日ポイント5倍!

マゴチの刺し身とタタキ

大磯まで行っておきながら東京湾に続いてボウズ二連敗。いやぁ~、夏になって魚が釣りやすい季節なのに、ふがいないや。いや。

大磯では回遊魚のほかにマゴチやヒラメなども狙っていたんですが、くさいアタリすらなかったです。どうやれば魚が釣れるのか、わからなくなってきています。

釣れなくてもいい、せめて食べたい!ってことでマゴチを購入。
魚屋で買ったマゴチ 

長崎産で510円、活き締めもされていないし、刺し身にする鮮度的にはギリギリってとこでしょうか。ただ、触ってみたところ、割りとしっかりとした弾力があってけっして悪くはない。

さて、マゴチは釣ったことがないし、丸を魚屋で購入したのも初。食べたことは幾度もあるけれど。

捌いたことがないので、前にも紹介したこちらの動画で予習です。
 

この動画どおりにマゴチを卸してみましょう。まずはキッチンバサミで背ビレと腹ビレをジョキジョキ切り落として、ウロコ掻きでウロコを取り除きます。

ヒレは確かに鋭いので、切り落としておかないと、ウロコを掻く際に怪我してしまうでしょう。さて、以下は捌く手順。

PR:食べた感想を書くだけで、食事代が「半額」に!? ファンくるに無料会員登録!

1.喉とエラを切り、マゴチの頭だけを切断する。
マゴチの頭を切断 

マゴチは胸ビレのカマ部がおいしいとのことなので、袈裟卸しにはしないほうがいいんでしょう。で、知らなかったので頭は捨てちゃいましたが、頬肉もおいしいらしいです。

2.お腹を開き内臓を除去し、背骨周りに溜まった血をキレイに洗い流す。
マゴチの内臓を除去したところ 

そうするとご覧のように立派な中骨が露出します。このマゴチはオスで白子があったのでキープ。ついでに肝も取っておきました。カサゴ系の魚の肝は往々にしてうまいですからね。

3.中骨に沿って包丁を入れ、三枚に卸す。中骨が太いので大名卸しです。
マゴチを三枚に卸す 

意外なほど捌くのが簡単でした! 魚を捌く際に一番難儀するのが中骨とつながる血合い骨の切断ですが、マゴチは真っ直ぐに包丁を落とせるので、普通の魚に比べて超簡単。

PR:楽天でもマゴチが購入可能! 天然の活き締めマゴチがお買い得に販売中♪

4.カマを取ったら、複雑に入り組んだ血合い骨をペンチで取り除く。
マゴチの血合い骨をペンチで取り除く 

かなりガッチリ血合い骨が入っているので、毛抜きタイプの骨抜きではまず取り除けないでしょう。ペンチだとつまむ力が強すぎて骨が潰れちゃうかなと思ったけれど、かなり硬いので問題なかったです。

5.骨を抜いたら、皮を引いて刺し身の柵取りの完了。
マゴチの皮を引いて柵取りの完了 

ちょっと包丁が厚くて皮目ギリギリに引くことができませんでした。技術もありますが、両刃包丁だとよっぽど刃が薄くないとなかなかキレイにいかないですね。柳刃包丁をそろそろ購入したほうがいいかも。

ま、皮も湯引きにして食べるので、おかげで皮がおいしくなると前向きにとらえることにします。

刺し身は二種類、普通の刺し身と薬味を混ぜて軽く叩いたタタキ。
マゴチの刺し身とタタキ 

活き締め物じゃないから若干身はくすんでいますが、プリプリとしていてかなり鮮度は高いです。新鮮な魚の香りがして、実にうまそう!

タタキは、血合い骨を抜いてボロボロになった最頭側の身、それと刺し身には向かない尾っぽの部分。それらを叩くというよりも、細かく切って薬味と混ぜ合わせる感じです。

PR:絶品のカニを食べよう! カニがたっぷり入って超お買い得! 送料無料の【かに本舗】

マゴチのお刺し身はわさび醤油でいただきます。紅葉おろしとポン酢でもいいかも。
マゴチの刺し身をわさび醤油で食べる 

う、うまい! クセというものがまったくなくて、純粋に白身魚の旨味だけが詰まっている印象。さすがに夏が旬のマゴチなだけあります。この時期のマゴチの旨味の要素は、ヒラメよりも濃いかもしれない。

それに食感も、プリプリとしているけれど程よいやわらかさがあって、わかりやすくうまさが堪能できる。それに薬味との相性もいい! クセがないおかげで、薬味との複雑な味がこれまた素直に味わえます。

魚屋で買ったマゴチがこんだけうまいのだから、釣り物で活き締めにしたマゴチはとんでもなく・・・・・・ああ、釣ってみたいし、大磯で釣るべきだった!

次回の釣りは、東京湾でマゴチを狙ってみようかなあ。小魚をエサに、それにワームでも。今までまったく縁のない魚だから、釣れる気はしませんが。


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
豆アジの唐揚げ
アナゴの干物を堪能

釣りタチウオのムニエルは絶品だった!

旬のイサキを食べ尽くし

旬! 初ガツオをタタキで食べる

アオハタの刺し身と湯引き

イシモチ(ニベ)の干物

戸田港魚重食堂で深海魚天丼と深海魚刺し身盛り合わせを堪能

春もおいしいイサキの刺し身

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

name :
URL :
Comment :※現在、コメントスパム対策でURLが打ち込めない設定となっております。ご了承ください。

Trackback -

ラシックス