PR:Yahoo!ショッピングは釣り具が安い! 揃う! 毎日ポイント5倍!

イサキの食べ尽くし 刺し身、ナメロウ、から揚げ

依然としてイサキが釣れません。ま、イサキ釣りに行っていないこともありますが、数年前に初島で釣ったっきり、わたしの竿にイサキが掛かってくれません。

しかし、釣れなくてもイサキは食べたい。ってことでイサキを魚屋で購入。
魚屋で購入した25cm程度のイサキ 

三浦半島・三崎産のイサキで、刺し身用、25cm程度ですね。ちょいウリ坊って感じかな? ちなみに値段は320円。旬の魚はうまいうえに安くて最高です。

さて、このイサキ、食べ方はやっぱりお刺し身でしょうね。それにお刺し身にならない部分は、叩いてナメロウ。このふたつは外せません。

しかし、それだけだと面白くないので、中落ちや皮などはから揚げにしてみます。

PR:出刃、小出刃、柳刃など、魚を上手に捌くには包丁が肝心!品揃え日本一の楽天市場でチェック!

なので、よく水洗いしたイサキを、ウロコ付きのまま三枚おろし。
ウロコを付けたままイサキを三枚おろし 

イサキは細かいウロコがビッチリと生えているので、多少おろすのに難儀しますが、丁寧にやれば問題なし。少量ながら包丁にウロコが付くから、そのウロコがおろした身に付かないように注意。

三枚におろした身はガンバラを削ぎ落としてから皮を引きます。皮を引いてから、真ん中の中骨を切り落とせばサク取りの完了。

そのサクから造ったお刺し身とナメロウがこちら。お刺し身はいい部分だけ。贅沢です。
イサキのお刺し身とナメロウ 

今回のイサキは鮮度が非常によいので、お刺し身のエッジが立っていていかにもうまそう。ナメロウは味噌と一緒に叩いただけ。食べる直前に薬味と生姜の絞り汁を振りかけるのがわたしのやり方。

お刺し身はエッジが立つぐらいのほうがおいしいですねえ。それぐらいの鮮度のほうが、イサキならではの磯の香りがほんのりとして、“らしさ”がよく出ています。

ナメロウはイサキが一番おいしいかも? アジよりもイサキのほうが断然好みの味わいです。

さて、から揚げにしたのはウロコ付きの皮、中落ち、卵。仕上げにコショー、レモンを添えて。
イサキのウロコ付きの皮、中落ち、卵のから揚げ 

下味は日本酒と塩だけ。衣は片栗粉ですね。いやいや、いい揚げ上がりじゃないですか~。たっぷりとレモンを絞っていただきます。

PR:楽天での買い物が便利にお得に!大量ポイント進呈中、年会費永年無料の楽天カード! 

まずは皮のから揚げから・・・・・・普通! 皮は、日本酒と塩だけの下味だとちょっと弱いですね。酢洗いしてから醤油と生姜などで下味を付けたほうが絶対にうまいですね。

ただ、皮をから揚げにするならウロコは絶対に付いていたほうがいいですね! パリパリバリバリになるから、上手に調理できさえすれば最高の味になると思います。

中落ちと卵はベリーグッド! 酒塩の下味だけで十分うまいです。どちらも、近年食べたから揚げのなかで一番のうまさだったかも。

お刺し身にナメロウにから揚げと、イサキを食べ尽くしました。いやいや、イサキってホントうまい魚なんですね。


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
夏にうまい! 小スルメイカの刺し身
ヒイラギのナメロウ こんな食べ方はどう?

今年はイカが不漁? 冷凍スルメイカでイカ焼きを楽しむ

イサキの刺し身となめろう、白子ポン酢を堪能

安いマグロの食べ方 マグロ納豆山かけ

釣った大サバを食べるのなら、しめ鯖でしょう!

入谷の名店・おおつか 魚介を堪能

メジナの刺し身にカルパッチョ、メジナの白子はポン酢で

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

name :
URL :
Comment :※現在、コメントスパム対策でURLが打ち込めない設定となっております。ご了承ください。

Trackback -

ラシックス