ナイロン製なんちゃってアシストフックを自作

以前に紹介したなんちゃってアシストフック。
なんちゃってアシストフック 

絡み止めパイプとウイリー糸でナイロン糸をガッチリと固定しています。摩擦で締め込んでいるので、普通にハリスを結ぶよりもよっぽど強力です。青物が掛かってもスッポ抜けることはありません。

が、絡み止めパイプでナイロンを保護しているだけなので、タチウオやハガツオ、ヒラメといった歯の鋭い魚を相手にするにはちょっと心もとないのかなと。そこで弱点を補ったなんちゃってアシストフックを製作。

強度をかなり強化したナイロン製のなんちゃってアシストフックの最終形がこちら。
ナイロン製のなんちゃってアシストフック 

ナイロン糸のより糸を同じナイロン糸を編み付けてでガッチリと保護しています。ナイロンの表面は滑らかだから鋭い歯も立ちにくいから、絡み止めパイプよりもはるかに強度が高いです。

それに生意気にフラッシャーを付けているので、これ自体のアピール力も期待できます。太くごついナイロン糸もシラスっぽく見えなくもない感じがしませんか?

PR:釣り雑誌の定期購入なら雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」! 送料無料で超お得!

ナイロン製なんちゃってアシストフックの上から見たところ。
ナイロン製のなんちゃってアシストフック1 
ナイロン製のなんちゃってアシストフック2 

通常のアシストフックの紐だと、メタルジグをケースにまとめて入れておくと、紐にハリ先のカエシまで入り込むことがあって、いざ使おうと思ったら釣り場でイライラ・・・・・・した経験から、ナイロン製のなんちゃってアシストフックを作ってみようと思い立ちました。

ま、通常のアシストフックのほうが優れているでしょうから、あえてわたしのようになんちゃってアシストフックにする必要はないのかもしれません。

でもハリ、ナイロン糸、ウイリーなど安い材料で量産できるので、ハリ先が丸くなるなり、錆びるなりしたら気兼ねなく交換できるのがいいところ。

いずれ、作り方の詳細を紹介しようと思います。みなさんの役に立つかは微妙ではありますが。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第35回 釣り人よ、包丁を握れ! ~剣は竿より強し!~
・釣り具研究所 三方編み付けエダス 神経締め具を自作する
・タックル&アイテム ライフジャケット
・仕掛け図絵巻 D.SUSシリーズ全層沈め探り釣り仕掛け図 環付きウキの遊動仕掛け図
・釣魚図鑑 ムラソイ ドロメ シリヤケイカ シロサバフグ マアジ
Maioka FC ラーメン情報室 Maioka FC 釣り用語辞典 

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス