デュエルのインチク ソルティー・ベイト クラッシュホログラムヒラメゴールド

今年は回遊魚がやっぱり少ないですな。東京湾はもちろん、他の地域でも、関東周辺であまりいい釣果が聞かれません。国府津なんかも散発にしか回遊魚の群がやってこないですから。

シラスが少ないからと言われていますが、にしてもねえ。サービス精神が無いにもほどがあります、本当にここ数年。カゴ釣りを始めた5年前など、バカみたいに釣れましたからね、どこででも。

デュエルのインチクソルティー・ベイト クラッシュホログラムヒラメゴールドです。
デュエルのインチク「ソルティー・ベイト クラッシュホログラムヒラメゴールド」
(※画像をクリックするとナチュラムの販売サイトにジャンプします)

大型回遊魚が、季節的にも群で集団行動しているとは考えにくいので、単独行動している個体を狙ってコヤツを購入。ちょっと前に色違いを紹介しました(デュエルのインチク ソルティー・ベイト クラッシュホログラムブラウン)。

ちなみに、インチク本体に付いているオフセットフックとタコベイトは後からわたしが付けたもの。中古購入だったので、本体以外はありませんでした。

これはクラッシュホログラムヒラメゴールドと称していますが、特徴は夜光仕様ということ。ヒラメは夜光がいいんですかね?

PR:ただ巻きで釣れる35gのプレミアムタングステンジグ「マイクロフリップ」はギアラボ!

暗いところに置くとこんなにもビカビカと光ってくれます。こりゃ優秀ですな。
デュエルのインチク「ソルティー・ベイト クラッシュホログラムヒラメゴールド」の夜光 

UVライトを当てるとこんなにも光ります。これは夜のルアーフィッシングには強い味方になってくれそうです。ちなみに、タチウオもけっこうインチクで釣れるようなので、東京湾の陸っぱりでも有効かも?

さて、インチクのアクションは、タダ巻きおよびボトムトレースが有効なようで、誘いを入れるなら軽めのワンピッチジャークがいいよう。ショアジギングのように、ガンガン竿をあおるのはかえって逆効果なのかなと。

オフショアでもワンピッチのシャクリを基本に、マダイ狙いの時はタダ巻きが有効ですから、ほとんど鯛ラバなんかと同じ使い方をするみたいです。ということはつまり、陸っぱりでもおんなじ感じでいいわけですね。

今週末は釣行予定なので、コヤツを投入しようと思っています。回遊魚の最終版戦ですからね、気合いが入っております。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第41回 渋いぜ、アナゴ釣り ~狙って掛ける面白さ!~
・釣り具研究所 堤防カワハギ仕掛け 弓角のハリ先を研ぐ
・タックル&アイテム ライフジャケット
・仕掛け図絵巻 フカセ釣り夜光仕掛け図 フカセ釣り仕掛け図
・釣魚図鑑 メジナ ウマヅラハギ ウルメイワシ シロギス タチウオ
Maioka FC ラーメン情報室 Maioka FC 釣り用語辞典

PR:冬用フィッシングウェアのセール開催! 品揃え&価格最強! 釣り具はナチュラム

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス