ホンビノスガイの寄せ鍋

本日で6日連続、魚食レポエントリー。本日が最後でございます。いやぁ~、本当に今月は魚をよく食べた。ちょっと寒くなって、お刺し身以外の魚料理がおいしくって、ついつい魚ばかり食べしまいました。

さて、安く売っていたので、ホンビノスガイの寄せ鍋にしました。
ホンビノスガイの寄せ鍋

グッフッフッフッ、江戸前の寄せ鍋っておいしいっすよねえ。カツオと醤油を効かせた鍋ダシに、野菜やキノコ、鶏肉、塩鱈、そしてカマボコは欠かせません。そしてホンビノスガイ! ハマグリほどの旨味や香りはないですが、ハマグリっぽい味は出るので、値段を考えれば十分です。

ホンビノスガイはハマグリよりもだいぶ淡麗な風味で、貝の食感はしかも硬い。ハマグリとは比較にはならないんですけど、アサリのように個性が強くないので、ハマグリの代わりになるんです。

これに焼きアナゴが入れば文句無しなんですけど、さすがにそこまでは用意できませんでした。ってか、原価が上がりすぎちゃうんで。

それに春菊もうまいっすわあ。最近、春菊がおいしくなったと思うんですけど、気のせいでしょうか? 昔の春菊はもっと菊臭くって、正直そんなにおいしくなかった記憶があるんだけれど・・・・・・。歳のせいでおいしく感じるようになったのかな?

寄せ鍋のシメはやっぱり雑炊! 鍋を食べてこれを食べないなんて考えられません。
ホンビノスガイの寄せ鍋のシメに雑炊 

具を食べた後に雑炊、この流れを考えた人は天才ですね。いつの時代の人が考えたのかはわかりませんが、とにかく画期的。溶き卵のふんわりした感じ、うまそうだなあ。

PR:おとなの週末は全品送料無料! このボリュームの国産焼きウニはとてつもない! 2個5,000円!

寄せ鍋は風味があっさりしているので、七味唐辛子をピリリと効かせていただきます。
ホンビノスガイの寄せ鍋の雑炊に七味唐辛子をかけて食べる 

こりゃあ絶品です、まったく。感動的ですらあります。日本人は本当に、米と卵の組み合わせが好きですな。生卵かけご飯はもちろん、オムライス、チャーハン、親子丼やカツ丼、そして牛丼に生卵、とにかく米と卵の組み合わせを溺愛します。

そしてもちろん雑炊ですよ。この冬に最適の熱々感を出せる米と卵の料理は雑炊だけ。ここ数日寒かったですから、寄せ鍋からの雑炊で心も体も温まりました。

ホンビノスガイはおいしいので、売られていたらぜひお試しを!


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
新巻鮭で手ごね寿司
マトウダイのムニエル パリッと焼いた肝も添えて

真子(卵)が絶品! アカガレイの煮付け

簡単にできる自家製カマスの干物

活き締めヒラメの刺し身とアラ汁

魚重食堂で購入 深海魚 メギスの丸干し

うますぎる、新巻き鮭!

戸田港の絶品飯 魚重食堂の深海魚天丼

オニカサゴの姿煮付け

これぞ珍味、小川うに 黒潮

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス