オニカサゴの姿煮付け

昨日の夜、ニュージーランドvsオーストラリアのラグビーワールドカップの決勝を見ていたのですが、ニュージーはとんでもないっすな。後半のドロップゴールには度肝を抜かされました。

とはいえ、高い壁があるってのはいいこと。ラグビーのみなさんは、実力でもぎ取った今の人気を後押しにして、これからも世界の一線級で戦えるよう頑張ってほしいです、本当に。

さて、オニカサゴを豪快に丸っと姿煮にしてみました。いやぁ~、実にうまそう!
オニカサゴの姿煮 

初めてオニカサゴを食べたのですが、うまい! すんごい、うまい! 身はしっとりとしてシコムキュッとした感じの食感が素晴らしく、身自体の旨味、そして皮の甘みが素晴らしいです。

身はもちろん、頭もヒレもすべてをしゃぶり尽くして完食しました。肝も煮たんですが、オニカサゴの肝はうまいっすねえ。カワハギやアンコウのように脂っこいわけではなく、ただただ味の良い肝です。

こりゃ絶品ですね、深ダナを狙うオニカサゴ釣りが人気なのもうなづけますな。一度オニカサゴを食べてしまったら、もうドハマリして、食べたくて食べたくてたまらなくなってしまうと思います。

最高です、オニカサゴ!

PR:ふぐ料理の魅力を塗り替える、とらふぐ料理専門店「玄品ふぐ」お取り寄せ

以下、オニカサゴの姿煮の作り方です。まずはオニカサゴをご用意。
オニカサゴ 

わたしもたまには高いお金を払って高級魚を食べるんです・・・・・・と言いたいところでしたが、売れ残りだったのか、1kgサイズが400円というバカ安で購入しました。ラッキー極まりない。

オニカサゴは背ビレの棘がめちゃくちゃ鋭いです。毒は死後も残るのでご注意を。
オニカサゴの背ビレの鋭い毒棘 

胸ビレ意外、ほとんどすべてのヒレにこの毒棘があるので、キッチンバサミなどで棘の先だけ切ってしまったほうが安全です。顔にも棘がありますが、こちらには毒はないのか、指にグサグサ刺さりましたがノー問題でした。

オニカサゴの肝以外の内臓とエラを抜いて、魚の両面に包丁を入れたら下味に塩。
オニカサゴの下処理の仕上げに塩で下味 

塩を振ったら15分程度置いてください。臭い水が出てくるので、サッと水洗い。よく拭き取ったらさらに酢洗いして生臭みを取ってしまいます。酢は拭きとるだけで洗い流さいないでOK。こういう丸っと大きい魚を煮る場合は、下味を付けたほうがおいしいと思います。

PR:楽天での買い物が便利にお得に! 大量ポイント進呈、年会費永年無料の楽天カード! 

付け合せの野菜は、ショウガとゴボウです。ネギを入れてもおいしいです。
オニカサゴの姿煮の付け合せにショウガとゴボウ 

ゴボウはしっかりと水にさらしてアクを取っています。最近のゴボウはアクが少ないので、少し水に漬けるだけで十分なんですけど、今回は15分以上さらしてしっかりとアク抜きしました。じゃないと、ゴボウの風味が汁に移りすぎてしまうので。

あとはフライパンに醤油、砂糖、酒、みりんを入れたら同量以上の水を加え、魚を設置。
オニカサゴをフライパンで煮る 

落し蓋は必須です。これがないとおいしい煮魚は絶対にできません。このオニカサゴは大きすぎたので、尾っぽの部分にも落し蓋を追加しました。

落し蓋と同じだけ重要な事は強火で煮ること。強火で一気に煮立たせることで煮汁がブワーッ立ち上がるので、それで魚の表面を煮るわけです。

さらに、魚からも水分が出てくるので、強火で煮ないとその水分が飛ばず、結果、煮崩れしてしまいます。赤子が泣き叫ぼうが、魚を煮る際は、火加減は最初から最後まで強火でいってください。

ちょいと昔は汁を沸騰させてからと言われていましたが、強火さえ守ればわざわざそんなことをしなくても大丈夫。そして汁の味付けは適当でOK。魚が煮上がってからいくらでも調節が効くので、特に醤油と砂糖はちょっと少ないかなぐらいでやってください。

PR:■全品送料無料■講談社No.1グルメ雑誌「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」

それらを守れば、こんなに大きなオニカサゴもこの通り! 非常に美味しそうな煮付けの完成。
オニカサゴの姿煮 

魚を煮る鍋はテフロン製のフライパンがおすすめ。どんなに強火で煮ても焦げ付かないので、失敗がないと思います。

料理人でもないわたしが、こんなにもわかった風に説明してしまったのはちょいと気が引けてきましたが、煮魚はそんなに難しい料理ではないのでお試しください。


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
これぞ珍味、小川うに 黒潮
絶品! 釣りメジマグロの刺し身とオイル焼き

スルメイカの刺し身とゴロ焼き

釣りカワハギのから揚げカレーマヨネーズ

釣りカワハギのから揚げとアラ煮

神経締めメジナの刺し身と焼き切り

釣りカワハギのチリ鍋

今がうまい、絶品サンマの塩焼き

秋鮭のムニエルとカレームニエル

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス