マトウダイのムニエル パリッと焼いた肝も添えて

最近、釣りに行けてないなあ・・・・・・。生きていくためには仕事をしないといけないから仕方ありませんが、ちょっとストレスが半端ないです。

そんな時はせめて絶品魚料理を食べてと・・・・・・4日連続、魚食レポをエントリーっす。ええ、自分、釣りはともかく魚料理は得意っす。

今回はマトウダイのムニエル パリッと焼いた肝も添えて
マトウダイのムニエル 

どうでしょうか? なかなか美味しそうにできたんじゃないでしょうか。マトウダイはヒラメ釣りの定番外道で、ヒラメ以上とは言いませんが、調理法によってはヒラメとおなじぐらい絶品の魚だと思います。

また、マトウダイはプリプリッとした上々の身質なので、火を通して食べるとやわらかいのに食感が良く、非常においしいんです。バター風味とも抜群の相性!

ムニエルにしたマトウダイはこちら。大きさは30cmぐらいですかね。
マトウダイ 

千葉県産で400g強あって250円と格安でした。わたし、マトウダイには思い入れがあって、同じ顔デカ生物としてなんか親近感が湧くんですよ。

ま、さすがにマトウダイほど顔が占める割合は大きくないですけどね・・・・・・。

PR:おとなの週末は全品送料無料! 最高品質のズワイガニをお取り寄せ! 4.5kgで14,000円!

マトウダイは棘だらけなので、最初にキッチンバサミでチョキチョキと切り落とします。
マトウダイの棘を除去 

特に背ビレと尻ビレのぐるりエンガワを覆うように棘が生えていて、ここの棘が一番怪我しやすいのでご注意を。ここね、よく指がぶっ刺さって痛いんですよ。

棘さえ切り落としてしまえば、後は難しくありません。頭を切り落とします。
マトウダイの頭を落とすと肝臓が出現 

マトウダイは骨がとても硬いので、出刃包丁じゃないとまず切り落とすのは難しいと思います。頭を落とせば自然と内臓は出てくるので、マトウダイの肝臓を丁寧に取り出してください。絶品ですから。

取り出した肝臓は、水に漬けて血抜きをします。牛乳などは必要なく、ただの水でOK。
マトウダイの肝臓を水に漬けて血抜きをする 

どんな魚の肝臓も、必ず血抜きをしてください。血抜きをしないと、肝臓は血生臭くてとてもおいしくはいただけません。血が抜けてくると、水が薄っすらとピンク色になってきます。

PR:おとなの週末は全品送料無料! ヒルナンデスでも紹介されたノドグロの絶品干物! 5枚で5,900円

頭を取って肝臓を血抜きしたら、後はマトウダイを三枚おろしにします。
三枚におろしたマトウダイの切り身 

下の切り身はちょいと失敗しておりますが、それは見て見ぬふり、気にしない気にしない。ちなみにマトウダイはウロコがついていないので、さばけばそれでOK。

マトウダイはアラがおいしいので捨てては絶対にダメ。いい味のアラ汁ができます。
マトウダイのアラは絶品 

左から、頭、あばら、中骨、尾、です。あばらは頭を取った後、内臓を包んでいた部分。ここは骨があって硬いので、三枚おろしにする時に取り除きます。

鮮度的にそのままアラ汁にしても問題なさそうでしたが、サッと湯引きにして、ヌメリや臭みを取ってから汁にしました・・・・・・でも、画像を撮り忘れました。

さて、アラはともかく、三枚におろした身を油でパリッと焼けばムニエルの完成です。
マトウダイのムニエル 

美味! マトウダイのムニエルは本当においしい! 皮がムチッとしていて味があり、身はプリンとしたいい食感でこれまた味があるし、そして肝がうまい! 肝は焼くとカリッとして、甘みの中に少し苦味があり大人の味。

カロリーを気にして塩だけで食べましたが、タルタルソースをかけても非常にうまいし、ウスターソースもおつなもの。レモン汁をかけることをお忘れなく。

PR:おとなの週末は全品送料無料! このボリュームの国産焼きウニはとてつもない! 2個5,000円!

以下に、恥ずかしながら、マトウダイのムニエルの作り方を紹介します。

【マトウダイのムニエル手順】
1.マトウダイの棘をハサミで除去し、頭を落とす
2.内臓を取り出したら、肝臓だけ丁寧に取り分け、水に漬けて血抜きをする
3.内臓を包んでいたあばらを切り落としたら、お腹の中を流水で洗い、水気を拭き取る
4.マトウダイを三枚におろしたら、口に当たる腹骨などをすき落とす
5.マトウダイの切り身の皮に飾り包丁を入れ、塩コショウ、小麦粉を満遍なくまぶす
6.サラダ油を引いたフライパンで5を皮目から入れて、両面を焼く
7.6を皿に盛り、溶かしバターを魚にかけ、野菜を付け合せに盛ったら、マトウダイのムニエルの完成

最初からバターで焼いてしまうと、バターの乳成分は焦げやすいので、あまりおすすめしません。サラダ油で焼いてから、フィニッシュで溶かしバターをかけてやれば、最高の風味を出すことができます。

あまり陸っぱりから釣れる魚ではないですが、とてもおいしいので、もし釣ったら必ずお持ち帰りくださいね! 


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
真子(卵)が絶品! アカガレイの煮付け
簡単にできる自家製カマスの干物

活き締めヒラメの刺し身とアラ汁

魚重食堂で購入 深海魚 メギスの丸干し

うますぎる、新巻き鮭!

戸田港の絶品飯 魚重食堂の深海魚天丼

オニカサゴの姿煮付け

これぞ珍味、小川うに 黒潮

絶品! 釣りメジマグロの刺し身とオイル焼き

スルメイカの刺し身とゴロ焼き

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス