東京湾で釣ったメジナの刺し身

昨日釣ったメジナ。大きさは上が10cm強、下が20cm程度です。
東京湾産メジナ2尾 

ちなみにこのメジナたち、自作の締め具を使って神経締めにしてあります。
自作の神経締め具 

初めて魚を神経締めにしましたが、我ながら締め具ができがなかなかで、割りと簡単に締めることができました。

活き締めのように、延髄を断ち切る必要がないので、力を使わないので楽ですね。骨の硬い魚を締めるには、神経締めにしたほうが安全だと思います。

さて、このメジナをまずはウロコを剥がしてから刺し身に調理します。
東京湾産メジナのウロコを剥いだところ 

メジナのウロコは簡単に剥がれるので楽ちん。この後は、三枚におろし、皮を剥いでという行程。皮を剥いだら腹骨と中骨をそぎ落とし、刺し身に切りつけます。

けっこう大変で写真どころじゃありませんでした。

PR:小魚を捌くには小出刃が便利!品揃え豊富な楽天市場で小出刃をチェック!

出来上がったのがコチラ。右がメジナ、左がスーパーで買ったアジの刺し身。
東京湾産メジナとスーパーで買ったアジの刺し身 

メジナの美しい白身と、光りものと形容されるアジの銀ピカがいい感じ。食欲をそそります。

いやいやそれにしても、刺し身はトリミングによるロスの多い、贅沢な食べ物ですな。わたしの腕前もありますが、ちょびっとしか切り出せませんでした。

とはいえ、メジナの刺し身は上場の仕上がりです。なんたっていいところだけですから。
東京湾産メジナの刺し身アップ 

この透明感の切り身は素晴らしいですね。まさしく白身って感じがします。

メジナはもちろんわさび醤油で。切り身が小さいので数個まとめていただきます。
東京湾産メジナの刺し身をわさび醤油で 

神経締めにしただけあって、さすがにうまい! プリッとした食感で上場の歯ごたえ、身の旨味が濃いし、小さいながらも脂もほどよく乗っている。

メジナはやっぱり絶品ですな。個人的にはタイよりよっぽどうまいし、イサキよりも好き。

まあ、メジナは季節が重要で、冬から今時期が一番うまいわけですからね。いい時期に食べれば、最高の白身が味わえるということ。

ちなみにコチラはアジ刺し。おろし生姜と新タマネギを添えて。
スーパーで買ったアジの刺し身はおろし生姜と新タマネギを添えて 

身の旨味ではメジナに劣りますが、特有の風味と脂はなかなかで、ちょっとクセがあるから生姜やタマネギと相性がいいですね。

近年は流通の発展もあって、スーパーでも極上のアジが購入できるようになりました。

PR:使いやすい神経締め具 ルミカの「神経絞めセット ロング」をアマゾンで購入!

魚を食べることまで含めれば、釣りってのはどんなジャンルにも負けないほどの奥深さがあると思っちゃいますね。

ここ最近はまともに魚が釣れず、精神修行状態となっていましたが、メジナの刺し身を食べてようやく報われた気がします。

経験上、メジナの食味はド真夏を外せば大体いつ食べてもおいしいです。

ちなみに、ド真夏はメジナじゃなくてクロメジナ(尾長グレ)が旬だと言われています。確かに真夏に食べたクロメジナはうまかったな~。


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
戸田港の魚重食堂で、ゲホウ・ノドグロ・メヒカリが乗った深海魚天丼
スーパー購入マアジの刺し身

カンパチの刺し身とホタルイカのぬた

簡単に自宅で作れる煮干しラーメン

煮魚を食べたくて、子持ちナメタガレイの煮付け

羅臼昆布でダシを取るすすめ

ツブ貝の壷煮を堪能

子持ちナメタガレイの煮付け

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス