春が旬! 安くてうまい! アサリのトマト煮込み

30をオーバーした年だからなのか、それともこういうサイトを運営しているからなのか、理由はわからないけれど、年々魚介類が口に合うようになってきています。

例えばよく食べるカレー。食べて何よりうまいと感じるのがシーフードカレーです。何も高級なところで食べているわけではありません。ココイチの「たっぷりあさりカレー」で大いなる幸福感が得られます。

ってことで、鶏肉ではなくアサリのトマト煮込みを作りました。
アサリのトマト煮込み 

作り方は簡単。玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、アサリ(安く買える茹でアサリ)+エリンギ+トマト缶+コンソメを入れて煮込むだけ。味付けは塩、風味付けにガーリックパウダーとコショー。

煮込み時間以外はまったく手間が掛からないし、難しいこともまったくなし。あえてコツを言えば、塩は最後に決めればいいので、煮込んでいるときはあくまで薄味。

それお煮込み時間は20分程度。玉ねぎが汁と一体化するぐらいのやわらかさになればよし。あんまり煮込みすぎるとすべての具の味が抜けておいしくないです。

PR:貝類の品揃えはおそらく世界一! 楽天市場ならアワビ、サザエ、ハマグリ、アサリetcなんでも揃う!

家で作ればアサリがこんなに入ってるのに500円程度で作れちゃいます。
アサリのトマト煮込みを家庭で作ればアサリがたっぷり

アサリとトマトの組み合わせ・・・・・・うまいんだなあ~。いろんな人に食べてほしいなあ~。チキンよりもずっと優しい味だし、ずっとアルコールに合うと思うんだけれど。

翌日、残ったアサリのトマト煮込みでパスタを作ります。ちょいと塩を足し、仕上げにオリーブオイルで完成です。こってり味が好きな人はチーズを絡めてもいいですね~。

たぶんリゾットにしてもかなりうまいと思います。春が旬のアサリ、かなりの万能食材っす!


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
釣ったクジメの煮付け
釣りメバルの煮付け

トロットロ! 本まぐろの中トロ切り落としがうますぎ!

鮮度抜群のマルアジをフライで

まぐろなかおちの刺し身

舌平目(シタビラメ)のムニエル

海産物専門おのざき あんこう鍋(どぶ汁)を堪能

神田・魚魚や大関でアジの活き造りとメヒカリのから揚げ

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス