電気ウキのメンテナンス 電池差し込み部への注油

最近はあまりやらないですが、一時期、電気ウキ釣りにハマっていました。LEDがモヤーッと消し込まれる瞬間が、たまらなく快感です。

8月は夜釣りぐらいしかやれそうにないので、久しぶりに電気ウキを引っ張り出してみました。

昔はパナソニック、現在はハピソンとなった電気ウキ「高輝度磯ウキ 3号」。
パナソニックの高輝度磯ウキ 3号 

だいぶ前に使って以来なので、すっかり電池差し込み部の接触が悪くなり、リチウム電池を差し込んでもほんのりと発光するだけ。

こうなってしまうともう、現場で役に立ちません。蘇らせる必要があります。

そこで登場するのがダイワの「リールガードオイル」。価格は800円程度。
ダイワのリールガードオイル 

リールのメンテナンスには欠かせないスプレータイプのオイルです。両軸リールはもちろん、スピニングリールのメインシャフト部などに吹きかければ、素晴らしく回転が蘇ります。

PR:釣りのDVDも豊富!TSUTAYA DISCAS 1ヵ月間“完全無料”のお試しキャンペーン中!

このリールガードオイルを電気ウキの差し込み部へブシューッ!とひと噴き。
電気ウキの差し込み部へ注油 

実は某両軸遠投カゴ釣りメーカーの電気ウキの性能が悪く、よくよくパッケージの説明書きを読んでみたら、差し込み部への注油を推奨していたんですな。それからこの部分の注油をやるようになりました。

すると不思議。まともに発光してくれなかったLEDがそこそこ光るようになったんですな(すぐにダメになったけど)。なのでまともなメーカー品の電気ウキなら、注油するだけでかなり改善してくれます。

結果はこの通り。赤いLEDがビッカビカだから、遠投しても視認性はバッチリ。
注油の効果で電気ウキの赤いLEDがビッカビカに発光 

電気ウキの具合が悪くなったら、まずは差し込み部へ注油してみると改善することが多いです。ただし、注油はあまり良くないという意見もあるようなので、注油を行う場合は自己責任でお願いします。

ちなみに、完全に死んだ電気ウキは注油しても生き返らなかったですし、どんなにオイリングしても死ぬ時は死にます。

注油はあくまで対処療法。お忘れなく。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第31回 身近な海で釣れるマグロ、キハダについて ~爆釣!相模湾~
・釣り具研究所 神経締め具を自作する チチワで接続具を結ぶ
・タックル&アイテム ライフジャケット
・釣魚図鑑 カタクチイワシ アカエイ タカベ オオスジイシモチ ネンブツダイ
・伝説の名勝負 第26戦 皇帝・エメリヤーエンコ・ヒョードルの世界を驚嘆させた一戦 vsアンドレイ・アルロフスキー(ベラルーシ)
Maioka FC ラーメン情報室 
Maioka FC 釣り用語辞典 

釣り具を購入するならAmazon | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス