和田アン肝氏と、とらふぐ亭で酒を飲む

先輩の和田アン肝氏と川崎のとらふぐ亭で久しぶりの飲み。
とらふぐ亭 

和田アン肝氏はなぜかとらふぐ亭のご招待券を保有しており、うまいトラフグをごちそうになってしまいました。

トラフグといえばまずはこれ、泳ぎてっさです。
とらふぐ亭の泳ぎてっさ 

コリコリと硬い歯ごたえながら旨味が強く、何度食べてもうまい! 普通これだけ歯ごたえがあると旨味は感じられないものですが、トラフグだけは別。なんとも不思議な魚です。

ニンニクのきいた醤油ダレで食べる炭火焼きふぐ。
とらふぐ亭の炭火焼きふぐ 
とらふぐ亭の炭火焼きふぐの七輪 

これは非常に香ばしく、お酒が進んでしまいます。トラフグは火を通しても旨味が増すだけで、他の魚と違って特有のニオイが出てしまうということがありません。


ふぐの本場、下関直送の国産とらふぐ! 下関ふぐの極み
下関ふぐの極み 下関ふぐの極み


トラフグの定番料理の唐揚げ。
とらふぐ亭の唐揚げ 

トラフグの頭の部分をざく切りにして揚げてあります。説明無用、トラフグの唐揚げを超える唐揚げはそうそう見当たりません。

そしてトラフグ料理の主役といえば泳ぎてっちり。さばきたてなのでトラフグの身がピクピク! 紙鍋で煮ていただきます。
とらふぐ亭の泳ぎてっちり 
とらふぐ亭の泳ぎてっちりの紙鍋 

トラフグはやっぱり鍋が一番。焼くよりも揚げるよりも、鍋で煮ることで身の旨味が段違いに膨らみます。夢中で鍋をつつきあっという間に完食しました。うますぎです。贅沢です。

鍋を食べた後の楽しみといえば雑炊。
とらふぐ亭の泳ぎてっちりを食べた後の雑炊 

トラフグの旨味が米に凝縮されます。当然、茶碗一杯いただきました。

とても美味しかったです。ごちそうさまでした。和田アン肝氏、ありがとうございました。


Maioka FC 管理人ブログ 店舗魚食レポ 関連記事
レッドロブスターでランチを食べる 
魚重食堂で深海魚天丼 美味! 
戸田港横の魚重食堂で深海魚定食を食べる 
レストラン七條のエビフライ 
記念に玄品ふぐ 
真鶴の魚座 

とらふぐ亭「くつろぎ」セット/国産高級とらふぐ3~4人前フルコース

とらふぐ亭「くつろぎ」セット/国産高級とらふぐ3~4人前フルコース

価格:11,000円
(2013/6/12 15:25時点)
感想(22件)

とらふぐ亭「くつろぎ」セット/国産高級とらふぐ3~4人前フルコース

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス