PR:Yahoo!ショッピングは釣り具が安い! 揃う! 毎日ポイント5倍!

実においしい、アジの酢締め

ちょっと今年は本当にいい風が吹きません。いつも強風、いつも東風、なんだって穏やかにならないんだろう。これから梅雨に突入すれば、なおさら釣りづらくなるというのに。

そんなわけで、もっぱら魚はスーパーや魚屋を利用。魚っ食いの自分、お酒を飲むのならやっぱり肉より魚で作った肴なわけですよ。

よい魚はないかと近くのスーパーで物色して良型のアジを購入。長崎県産です。
スーパーで買った長崎県産のアジ 

ゼイゴと内臓を取った状態で売られていたから、頭を落とす手間だけなので超簡単。キッチンがほとんど汚れないってのが何よりです。

さて、前述したとおりにこのアジは長崎県産。鮮度はまったく申し分ないけれど、横浜と長崎じゃあ地理的に漁獲されてから2~3日は経っているはずだから、身はかなりやわらかくなっているはず。

そのまま刺し身で食べたのでは、あまりに熟成した味わいになりすぎてしまっているので、やっぱり新鮮なアジのムッチリ感は何よりですから、少しでも歯応えの良さを出したいもの。

なので、アジの酢締めにして、フレッシュ感を残しつつ身を締めました。
アジの酢締め、フレッシュ仕立て 

身の良い部分だけを刺し身にして、トリミングした部分は梅シソ和えに。酢締めにすると不思議なことに、ショウガよりもワサビのほうがよく合います。

このアジの酢締めが我ながら上々の出来。程よく締まり酢の風味が際立ちつつも、アジの刺し身ならではのおいしさもしっかりと残って、これはどこに出しても恥ずかしくないレベルに仕上がりました。

一応僭越ながらもレシピ的なことを載せれば、
1.三枚におろし骨を抜いた身に、塩と砂糖をまんべんなくまぶす
2.冷蔵庫で1時間ほど寝かせたら、酢で塩と砂糖を洗い流す
3.ダシ昆布、酢、薄口醤油で漬け込み液を作り、アジを45分以上漬け込む
4.時間が経ったら、皮を剥き、食べやすい大きさに切って完成

非常に簡単です。ちなみに骨は酢に漬けた後に抜くことが普通だと思いますが、わたしはめんどうくさいので、三枚おろしのついでにやっちゃいます。

塩と砂糖の分量は同量、アジにまんべんなくまぶす程度の少量でOK。塩だけだとキュッと硬く締り過ぎてしまうので、砂糖を使ってトロリとした独特の締まり具合を与えてやるわけです。

漬け込み液も適当ですが、香りと旨味の濃い米酢を使うことが最大のコツ。 これを安い穀物酢でやってしまうと、イマイチおいしく仕上がりません。これは試したので間違いなし。

さて、アジの酢締めというと大船軒の鰺の押し寿司のように、白くなるまでしっかりと締めたものも多いですが、保存の必要のない家庭ではそんなに締めてはもったいない。

ま、鰺の押し寿司はそれはそれのおいしさがあって好きなんですけど、逆に白くなるまで締めてもおいしさがちゃんと残っていることがすごいというか、やっぱりプロの技と言えますね。

PR:【おとなの週末 お取り寄せ倶楽部】は全品送料無料! ここでしか買えないグルメが多数ある!

今回、お刺し身の骨抜きにはメリーの骨抜きプライヤを使いました。
メリーの「骨抜きプライヤ」
(※画像をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします)

この骨抜き、すさまじいです。どんな小骨も、力を入れることなくスゥーッと抜けてしまいます。今まで毛抜きタイプの骨抜きを使っていましたが、次元がまったく違う代物です。

今までの骨抜き作業がなんだったのかと思うほど、笑ってしまうほど骨を簡単に抜くことができ、力を入れずに骨が抜けるから、身がボロボロになりません。

小魚をお刺し身にするのに、血合い骨を断ち落としていては可食部位が異常に少なくなってしまうので、ぜひ骨抜きプライヤをお試しを。アマゾンで送料無料で1,500円程度で買えます。絶対のおすすめです!


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
マイワシの油なめろうと酢締め
川口水産の超特大うなぎ丼

ホタルイカと青柳の酢味噌和え

潮干狩りの小粒アサリはかき揚げに

やっぱり絶品! ホウボウの刺し身と潮汁

究極のおいしさ! イサキの開き

やわらかくておいしいヤリイカの刺し身

カンテンゲンゲのキムチ鍋

家庭で作ろう! アジの開き

マサバの味噌煮(作り方紹介)

これ以上の骨抜きはないかも!?
驚くほどサクサク抜ける骨抜きの決定版!
室本鉄工 メリー FBP30 骨抜きプライヤー

アマゾン新品価格
¥1,570から
53%off! 通常配送無料!

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

name :
URL :
Comment :※現在、コメントスパム対策でURLが打ち込めない設定となっております。ご了承ください。

Trackback -

ラシックス