マイワシのつみれ汁

秋は釣り人にとって一年の中でも最高の季節といえ、夏いっぱい暖かい海で豊富なエサを食べた太った魚が釣れますね。

・・・・・・、昨年までは秋こそ釣りを大いに楽しんでいたんですけど、今年はお預け。来年こそ、今年のぶんも盛大に釣りを楽しみたいなと、計画中。

ってなわけで、今回も釣りではなくって魚食ネタ。釣りに行っていないぶん、魚料理ばっかり作っているってわけです。

魚屋でピカピカに光って新鮮そのものなマイワシを購入。
光るほど新鮮なマイワシ 

まだ死後硬直していたし、もう絶対に間違いがないっていう鮮度です。実際、ハラワタがしっかりとしていて、刺し身で食べなきゃもったいないってくらいの新鮮さでした。

魚の鮮度はいろいろな確認のやり方がありますが、ハラワタがしっかりとしている魚は鮮度的に申し分ない。逆にデロ~ンと水っぽい感じのものは鮮度が落ちてしまっている、と思って間違いないでしょう。

PR:絶品料理の数々が全品送料無料! 【おとなの週末】お取り寄せ倶楽部

それほど新鮮なマイワシをあえてつみれ汁にしました。
マイワシのつみれ汁 

わたしはつみれ汁が大好物なので、何度か研究をしておるんですね。その結果、

1.つみれのつなぎに片栗粉と溶き卵を入れる
2.野菜はネギの青い部分と皮を剥いた生姜のみじん切りを入れる
3.つみれはお酢を入れた湯で一度下茹でをする

この3つでかなりおいしい汁になります。特に絶対重要だと思うことが下茹で。旨味が出てしまうって人もいると思いますが、イワシのクセを流してくれるので、時間が経っても汁が生臭くなりません。

実際、このつみれ汁を二日にわたっていただきましたが、二日目も生臭さが一切なくって、変わらないおいしさを楽しめました。

つみれ汁、簡単なのでぜひお試しを!


Maioka FC 管理人ブログ 魚食関連記事
イシモチ(シログチ)の塩焼きと寿司
新サンマの塩焼きと刺し身、そしてサンマヒジキムシ

養殖マダイの煮付け

初島イサキの刺し身と塩焼き

沖縄のマグロはうまいぞ! 泊いゆまちでマグロ海鮮丼!

ノーフィッシュついでのタコサラダ

ネズミザメ(モウカザメ)の煮付け

アカカマスの刺し身

ネズミザメ(モウカザメ)のフライ

横浜の回転寿司 魚浜でランチ海鮮丼

PR:絶品のお取り寄せ食材が全品送料無料! 講談社おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス