春のスプリント王者が決まる高松宮記念。

正直、どの馬についてもこれといった強調点がないなぁと思っています。


そのため、今回は前走の結果を重視し、配当を狙おうかなと思っています。


本命はナックビーナス。

そのほか、シュウジ、トーキングドラム、メラグラーナを買おうと思います。


人気薄の馬がいるので、今回はBOXで。


マルソウダ


東京ダート1マイルが舞台。

本命はこの舞台であまり良績はありませんが、アスカノロマン。


昨年暮れのレースでお世話になり、

その後のレースで惨敗して、人気を落としました。

ねらい目のような気がします。

うまくレースの流れに乗れば馬券圏内に来てくれると願っています。


相手は昨年暮れのレースの勝ち馬であるサウンドトゥルーが本線。

このレースを過去に制しているコパノリッキー、

初ダートのデニムアンドルビーも狙います。


買い目は4頭BOXの馬連と3連複。

デニムアンドルビー関連は人気がなさそうなので薄めにします。


マルソウダ



連覇が難しいといわれている有馬記念ですが、ゴールドアクターを狙います。

ここに至るまでの過程がいいように思います。

中山コースもあっており、馬体重が減っていればきっと勝つと思います。


相手はマルターズアポジー、ミッキークイーン、

アドマイヤデウス、シュヴァルグラン、アルバート。

配当を見て馬連、ワイド、3連複で。


同じ年に菊花賞を勝っている馬の実績がいいので、

サトノダイヤモンドが怖いですが、人気なので見送ろうと思います。


今年最後のGIなのであたってほしいです。


マルソウダ




ラシックス