白子がたっぷり! ハタハタの麹漬けの焼き物

秋田県の県魚であるハタハタの麹漬けの焼き物をいただきました。新鮮なハタハタを醤油麹に漬けた物。
ハタハタの麹漬けの焼き物

我が家は秋田県が出自であり、なにかと秋田にゆかりある食べ物が並びます。ハタハタもそのひとつ。

ハタハタは不思議な魚で、身の味は薄く水っぽく、特にうまい魚ではないのですが、その変わり身の食感がよいうえに中骨からの身離れもよし。鮮度がよければ生臭さがまったくないため、バリバリといくらでも食べられるんですな。

釣り具の品揃えは日本最強クラス!楽天フィッシング市場!

ハタハタといえばブリコ(卵巣)が珍重されますが、我が家ではオスの白子のほうが好み。
ハタハタの白子

ハタハタの白子はトラフグの白子と同レベルの滑らかさ。味の濃さは数十分の一程度ですが、滑らかさだけだったら負けていません。それなりにおいしくいただけます。

ハタハタは、関東地方の人間があえて食べる必要のある魚だとは思いませんが、安く手に入るなら損はしなと思います。

麹に漬けたハタハタなら、焼く以外にもから揚げにしておいしいです。やはり水っぽいので、衣の味をしっかり付けるのがコツですね。2度揚げすれば中骨もバリバリ食べられます。


Maioka FC 最新更新情報
・一緒に語ろう! 第25回 『釣りロマンを求めて』について ~僕たち釣りロマンチルドレン~
・釣り具研究所 ブラクリを自作する クリンチノットで接続具と糸を接続する
・タックル&アイテム 各種PEライン
・釣魚図鑑 ヨロイメバル ニシキベラ オハグロベラ ハコフグ イケカツオ
Maioka FC ラーメン情報室 
Maioka FC 釣り用語辞典 

高機能なオリジナルの釣りブログを作成 | Comments(0) | Trackback(0)

ラシックス